i-smartでKCK2!!
~一条工務店で家づくりを楽しもう~
オプション

キッズカウンターキッチンに採用したオプション

こんにちは、ミミコウです。

今回は、キッズカウンターキッチンに採用したオプションを紹介いたします。

また、実際に使ってみておススメかどうかも一緒にお伝えしますね。

食洗機深型バイオパワータイプ

当時50,000円のオプションでした。

ビルトインタイプの食洗機は、卓上タイプに比べて入れづらいと母が言ってたので、とりあえずすこしでも入れやすくなる様にと、深型に変更。

実際に使ってみて・・・

これは採用して正解でした!

通常の食洗機は3~4人家族向けです。

わが家は現在3人家族ですが、基本的に主人は不在の事が多いので、

普段はミミコウと息子のふたり暮らしです。

つまり、通常であれば深型にしないでも大丈夫なはずです。

でも実際は、食器だけでなく、調理用品も洗いますし、

深型であればこそ!朝の分と夜の分をまとめて洗うことも可能です。

また、ラクッキングリルのプレートや大きめのまな板もスムーズに入ります。

採用を迷っていらっしゃる方に、自信を持ってお勧めできるオプションです!!

 

ラクッキングリルWシリーズ

当時78,700円のオプションでした。

オールメタルは特に必要なかったので、グリルのみ変更していただきました。

でも。。。シングルオールメタルにして、ラクッキングリル採用にした方が

価格抑えられたのです。まさか高くなっているとは気づかずにそのまま採用してしまいました泣

実際に使ってみて・・・

これも最高オプションですね♪

トースト焼いたりお餅焼いたり・・最近では焼きトウモロコシ焼きました!!

香ばしくて美味しい仕上がりになりますよ。

また、使い終わったプレートは、食洗機で洗えるので、後片付けがとっても楽です。

まさにラクッキング♡

水ほうき水洗

スマートキッチンだと無料だが、スタンダードキッチンだと有料になってしまう・・・と当初言われましたが、i-smartの場合はスタンダードキッチンでも無料とのことです。

実際に使ってみて・・・

これは・・・超おススメってわけでもなく普通ですかね・・・。

ただ、次に紹介するフットスイッチが神ってまして、

その神ったフットスイッチを使うためには水ほうき水栓が必要なので、

結論としては採用してよかったオプションとなります。無料だし♪

フットスイッチユニット 乾電池式

当時27,000円のオプションでした。

設置当初は半年くらいは電池がもつと聞いてましたが、

入居してから10か月経った今でもまだ電池切れになってません。

今回記事を作成するに当たり、楽天で商品探したんですが、

どこも品切れでした。ACバージョンは販売していたので、とりあえずこちらをご紹介。。

ACバージョンだと、電源工事が必要になるので、お値段もう少し上がると思います。

 

 

 

 

 

 

※写真クリックで商品ページに飛びます。

実際に使ってみて・・・

これは、、、数ある採用オプションの中で、トップクラスでおススメしたい!!

いや、もしかして一番かも。。。

たとえばお米を研ぐ時。

普通は水出してお米洗う→水とめる→とぎ汁を捨てる→水出してお米洗う・・・

(もしくはお水出しっぱなし・・!!)

を、お米が奇麗になるまで延々と繰り返しますよね。

お米研いでる最中は手が濡れてるから、蛇口触ったらびしょびしょになっちゃうから

肘でとめたりいろいろ大変でした。

でも、フットスイッチは名前の通り、足元にスイッチだから!!

両手が濡れてようが汚れてようが関係ないのです!!

重たい鍋を両手で持ってる時も、ちょこっと手を洗いたいときも!

いつでも好きなときにお水が出せます!!

ちょっと高い・・!!でもお金を出してよかった!!と思えるオプションです。

アメブロで動画付きで紹介してました→★アメブロ記事

あと、、、デメリットらしいデメリットといえば、

フットスイッチが設置されていないところ(例えば洗面所)でも

足が動いてしまうところ・・・だったんですが、

使っているうちに慣れまして、キッチン以外ではおしとやかな足になりました♪

 

こうやってあらためて見ると結構お金飛んでますね。。
何も言わず導入させてくれた主人に感謝して大切に使わないとです。
↑と、当時書いておりましたが、ちゃんと感謝して使ってる!!
毎日便利でラクさせていただいております♪
キッチン周りは毎日使うところだから、可能であればオプションは妥協しないで付けた方がいいと思います。奥様も喜ぶこと間違いなしです♡

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です